Dysonコードレスクリーナーの収納用ブランケット取付場所を考える

Dyson DC35 DC45
ちょっと羽振りの良かった年に思い切って買ったDyson Digital Slim™ DC35(DC45が発売中)。宣伝されているほど軽くはないと思うが、掃除ギライな自分が思い立ったらすぐに掃除機をかけるようになった。いちいちクローゼットから出して組み立てて、ってのがないのがいいんだろな。バッテリは10分超ぐらいしか持たないが、そんな長い時間するほど部屋広くないしちょうどいい。値段は高かったけど重宝している。

購入する前に迷ったのは、充電も兼ねる収納用ブランケットの取付場所をどうするか。マンションの壁や躯体に穴あけるのはちょっとな…。そこで考えた。

まずマンションの躯体となる壁に穴をあけるのはNGとして、ボードアンカとか使って壁に固定するのが通例だ。本当はそれがベストだ。ただ、壁の穴あけは相方の反対もあり、ちょうど置きたい場所に壁がなかったりと。リビングに配置してスマートに使いたいと思ってたが、ちょうど置きたい場所は人目についてしまう場所。現実的には、都度ゴミを捨てたとしても吸い取ったホコリが見えてしまうDC35本体を人目につくとこに置けない。

そこで思いついたのが、仕事部屋の無印良品のスチールユニットシェルフの横。ここなら人目につかないし壁に穴あけなくてもいい。オプションパーツにサイドパネルってのがあるのでこれを購入する。

そしてちょっとだけDIY。固定するネジは皿頭(頭が平になってるやつ)のM5の20mmぐらいのもので十分なので、サイドパネルに5mmのドリルを使ってブラケット用の穴を2個空ける。ちなみにネジは付属してないのでご注意を。サイドパネルをシェルフに取り付けてブラケットを固定する。裏はナットでしっかり止める。

dyson DC35 DC45

電源ケーブルはブラケットの下に降りてくるようになるので、気になるのならモールとか使って処理するといいかも。強度的には今のところ問題なし。DC35を日々抜き差ししても落ちてくることはない。購入したいけど設置場所に悩んでるヒトはおすすめ。

 

 

 

 


  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

return top