ギタリストならとりあえずGuitarToolkit入れとこ

iPhoneアプリ GuitarToolkit

そのアーチストもろくに知らないのにCDをジャケ買いしてしまうのだが。まずアイコンが好みだったので。そんな感じでアイコン買いしたアプリGuitarToolkiticon

ギタリストであれば、通常スタジオに行く場合ギターはもちろんエフェクタケース、チューナーは一緒に持っていくよ。じゃこんなアプリいらないねで終わるのだが。機材をすべて持っていく時はバンドのリハの時。自分の場合、ギターと歌も歌うので個人練習はかかせない。嘘。そんなに行ってないけど、たまに行く個人練習の時は、機材一式ではなく身軽で行きたい時がある。スタジオにマーシャールがあればゲインがあるのでエフェクト要らないし、シールドも借りりゃいい。そんなときに使えるアプリ。

まずチューニングメータ。空気音で精度高く反応するようだ。手軽に使うなら十分だな。
設定でギターやベースなど楽器を設定してその楽器の音階のみ表示されるモード、反応したすべての音階が表示されるモードがある。7弦や12弦ギターもあるよ。俺は使わないけど。
Rockでは当たり前の半音下げチューニング(HalfStepDown)とか、あと変則チューニングが設定から選択できる。俺は使わないけど。難しい曲やってる人はいいかも。

iPhoneアプリ GuitarToolkit iPhoneアプリ GuitarToolkit iPhoneアプリ GuitarToolkit

指板モードはあまり使ってないが、設定したスケールと音程が表示されて、実際に弾いて音を出す事ができるらしい。ズームイン、アウトやスライドもできる。

iPhoneアプリ GuitarToolkit

あとは練習に必需品のメトロノーム。指でスライドもしくは矢印でテンポ調整が可能。設定では12種類の変拍子の選択もできる。クリック音も色々選べるのだが、ごく普通のピッピッていうクリック音がないんだよな。これがイマイチだな。今後のアップデートで追加してくれ。

iPhoneアプリ GuitarToolkit

あとは、コード表というかコードデータベースがあります。コードを選択するとその押さえ方が表示されて音で確認もできる。あと、別モードで押さえたフレット音が何のコードかを表示してくれるモードもある。コード表とコード確認、曲作る際には便利ツールになるかな。

iPhoneアプリ GuitarToolkit 

ざっとこんな感じ。すべての機能を使いきってないけど。ギタリストならとりあえず持っておきたいアプリなのでした。まだ細かな設定とかいろいろあるので、ぜひ購入して試してみて。

GuitarToolkit App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥850


  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

return top