iPhoneで録音 TASCAM iM2とFiRe 2 – Field Recorder

iPhoneで録音 TASCAM iM2

バンドマンにとって、スタジオでのリーハーサルを録音して自分のプレイを聞き返すことは重要。前まではポータブルな録音装置を使ってたりしてたけど、どうせならいつも持ち歩いているiPhoneだけで済ませたい。Rockのような爆音の場合、iPhone内蔵マイクだとモノラルでしか録れないし音割れしてしまう。

自分が実際に使っているステレオマイクTASCAM iM2FiRe 2 – Field Recordericonの組み合わせを紹介。ポイントは

・爆音でも録音できる
・録音したデータをワイヤレスでPCに転送できる
・Dropboxとの連携が可能(バンドメンバーと共有したい)

ただし、iM2はLightningに対応していない30ピンコネクタ仕様なので、iPhone5で使う場合にはApple Lightning – 30ピンアダプタ MD823ZM/Aが必要。特にメーカサイトに記載はないけど、その組み合わせでiPhone5で使えています。

iM2は「音圧125dB SPLの大音量を確実に捉える耐高音圧設計で大音量のバンド録音にも安心」となっているが、マイクのLIMITERをONにしLEVELで調整できる。スタジオの爆音でもクリアに録音できてます。当たり前だけど、アンプの目の前に置いたらダメだよ。
マイク本体は、コネクター経由でiPhoneから給電し動作するのでバッテリーは不要。mini-USBコネクターに電源アダプターを接続すれば、使用しながらのiPhone充電も可能らしいが、ケーブルが別売りなので試してない。

iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

レコーダアプリは色々あるのだがほとんどが海外モノ。ぶっちゃけ無料アプリでもステレオ対応してれば何でも使えると思います。無料のiM2専用アプリもあるのだが、評判も良くないようだ。
英語力乏しいのですべての機能を使いきれてないけどFiRe 2 – Field Recordericon多機能なレコーダ。ゲインの調整も可能だし、波形処理もできたりする。あと、モノラルだけどiPhone本体のマイクで録音も可能なので、マイクがなくとも思いついたメロとか即座に録音できる。

1.レコーディング(iPhone5 64G/iOS6)
アプリを起動するとファイル一覧が表示されるので、下右の「+」ボタンをクリックしてレコーディングファイルを作成。デフォルトでファイル名はRecording1から連番でつけられる。変えたい場合は下段「info」でnameを変更する。(録音後でも変更可能)
録音停止後にこの画面で再生ボタンを押すとPlayback確認ができる。しかも再生調整が5段階で設定が可能。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

マイクアイコンをクリックして入力のレベル調整。左のスピーカアイコンは再生時に音量調整らしい。下の赤ボタンをスライドし、録音ボタンをクリックで録音開始。同じ録音ボタンを押すことで終了。録音データはスピーカから聞くことも可能。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

まだ自分も使い切ってないけど、Setting画面では録音ボタンを押してからのカウントダウンを設定したり、1ファイルの録音時間制限の設定、データ制限とか細かい設定が可能。レベルを超えた場合のThreshold設定とかもあるし。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

エフェクト設定にはGain設定やComp設定とかもあるぜ。まだまだ他にも細かな設定可能らしいが。正直、すべて使い切ってないっす。バンドのリハの録音だしね。しかも、これら設定を保存できて読み出すことも可能だとさ。もう許してくれ。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

2.波形データ編集
こういう作業はPCでやるので使ったことない。画面を横にすると作業画面に変わるので、音を聞きながら不要な部分をカットしたりできるようだ。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

3.Dropboxと連携
Dropbox使っているヒトならこれがオススメ。まず共有したいレコーディング画面の下段にあるShareボタンをクリックしDropboxロゴをクリックしてログイン。ログインするとDropbox側のディレクトリ一覧が表示できるので、アップロード先のフォルダーを選択する。他にもSOUNDCLOUDiOSファイル共有(有線もしくはWiFi)、FTPで自分のサーバにアップできる。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

Dropboxにアップする際(他のサーバも)にFormat指定ができる。AIFFやWAVE等以外にAAC等データを軽く変換してアップすることが可能なのだ。CREATEボタンを押すと、データが作成され選択できるようになる。Send to Dropboxをクリックするとデータが送信される。もちろん3G環境でも送信可能!
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

Dropboxを開くとちゃんとアップされています。これを共有フォルダーとかに入れておけば、PCで操作することなくバンドメンバーもデータをダウンロードすることができる。便利だね。
PCからでも同じデータは見れるので、自分のiTuneにアップして終了!
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

4.ブラウザでデータ転送(WiFi環境のみ)
これはレコーディングアプリによくありがちな転送方法だ。ファイルの一覧の下段左の転送ボタンをクリックするとBrowserAccess設定画面が表示されるので有効にするとアドレスが表示される。そのアドレスをブラウザに入力すると一覧画面が出てくるので、ダウンロードしたいファイル名のプルダウンメニューからファイル形式(AIFF,WAVE,CAF等)を選択して、DOWNLOADボタンを押す。
iPhoneアプリ FiRe 2 – Field Recorder

以上。あー。説明するのもしんどいくらい多機能なアプリだな。もっと機能があると思われるので実際に触って確かめてみて。これでこの値段は安いと思うが。まだiOS6対応になってないのと、多少バグがあるらしいので、今後のアップデートに期待しよう。

マイクとアプリで変換アダプタまでそろえると9,000円前後になってしまう(4Sで使えば変換アダプタ不要だよ)。録音専用機買うと考えればトントンか?でもDropboxとの連携できるのはが大きいよ。バンドマンにはおすすめなセットす。

FiRe 2 – Field Recorder App
カテゴリ: ミュージック 価格: ¥500

Dropbox App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料

【国内正規品】 TEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2
ティアック (2011-12-01)
売り上げランキング: 2383
¥ 5,650
Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/A
アップル (2012-10-31)
売り上げランキング: 3
¥ 2,673 通常配送無料


  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

return top