GoogleAppsをiPhoneで快適に使う「Gmail」

iPhone アプリ Gmail

自分はGmailをiPhoneの標準アプリのメールでは設定しない。Gmailでは、メインアカウント以外のメールアカウントを、転送ではなく複数アカウント設定することができる。これによってA、B、Cと3つのアカウントを設定してある場合に、A宛で着たメールをBから返信することが可能だ。Googleヘルプ:別のメールアドレスからメールを送信する

iPhoneの標準アプリのメールでは、iPhoneで設定しているメールアカウント内では返信可能だが、Gmailで設定された別メールアカウントでの返信はできない。Gmailで複数のメールアカウントを追加している都合上、フィルター機能で細かにフォルダー分けしてる。これが標準のメールアプリでは閲覧できるのだが、切り替え操作が面倒だったりする。一番面倒なのは、「既読」「未読」「削除」「重要」を一覧からサクッと設定できないとこ。やはりGmailは、Googleが作ったGmailアプリを使うのが便利かと。

Gmail App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料

Gmailアプリをインストールし起動すると以下画面が出てくるので、GoogleAppsメールアドレスとパスワードを入力する。すると受信トレイの一覧が表示される。
iPhone アプリ Gmail iPhone アプリ Gmail

この画面をスライドすると、設定してあるフォルダやその他の一覧が選択できる。ここが標準メールアプリと比べてアクセスしやすい。アカウントをタップすれば署名や不在通知など詳細設定もできる。件数が多い時は重要なメールを見逃さないように自分はいつも「未読」一覧にしておく。
iPhone アプリ Gmail iPhone アプリ Gmail

最初に書いた通り、一覧画面でメールを選択して「未読」「既読」「削除」など一斉に操作ができるとこがお気に入り。あと、返信する際、Gmailで設定してあるメールアカウントの中から選択して返信可能。宛先はGmailのアドレス帳と端末(iPhone)のアドレス帳からのどちらかも選べる。同期されているので、ここから送信したメールはPCブラウザで見ても同じ内容が残るし、読み終えたメールはPCブラウザでも既読となる。
iPhone アプリ Gmail iPhone アプリ Gmail

もちろん通知設定にも対応しているので、メールが到着したらアイコンにバッチ、バナーやダイアログを表示させることが可能。ただし受信一覧のみでフォルダーに格納設定しているメールは対象外となるので注意。

もともと同じ機能を持つ「sparrow」っていう有料アプリをお気に入りで使ってたのだがGoogle傘下になったようだ。統合したのかどうか不明だけど、Gmailアプリも使いやすくなったのはそのせい?sparrow自身もアップデートする噂があるようだ。

Gmail App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料

Sparrow App
カテゴリ: ユーティリティ 価格: ¥250

GoogleAppsを独自ドメインで使うならXserverが便利。月額1,050円からでマルチドメイン、サブドメイン、メールアドレスなど無制限に作成できる。ディスクも倍増されてX10プランで100Gになった。「サーバー契約で独自ドメインを1個進呈!ドメインプレゼントキャンペーン」てのも10月いっぱいまでやってるよ。



  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

return top